アシナガバチの巣を駆除|ハチは刺されると痛いというイメージ

生態を知って共存

家

アシナガバチを駆除するときには、専門業者に依頼することもできますが、実際には、攻撃性があまりないから自分で行なうこともできます。生態をしっかりと理解しておくことで充分に共存することができます。アシナガバチの巣は暖かい場所などに作られることが多くあり、屋根の下などに見られることが多くあります。巣を作ると幼虫などにエサを上げるため、イモムシや毛虫などを狩ってくれます。ハチの巣に近づくことがない限りアシナガバチは襲ってくることはあまりないので、その辺を理解しておくことで安心して暮らせることができます。
それでもお子さんがいる場合、ハチが怖いということもあるでしょう。そういった際は殺虫スプレーなどを使って駆除するといいでしょう。
スプレーを使うと簡単に駆除することができます。スプレーを吹き付けているときにはハチが飛び回って羽音などが聞こえるかもしれません。そのときに恐怖でスプレーをやめてしまうと逆に刺される可能性が高くなるので、注意しましょう。吹き付けているときは我慢です。ハチが飛んでいる間はしっかりと殺虫スプレーを噴射しましょう。噴射し終わったら巣を落として死んだハチと一緒に捨てましょう。
アシナガバチの駆除や夜に行なうことが多いですがそのときに懐中電灯を使うとアシナガバチが向かってくることがあります。そのため、懐中電灯に赤いセロファンなどを張ることで飛んでこなくなります。こういった工夫を行なうことで安全にアシナガバチの巣を駆除できます。